劣悪な住環境

このことから、芯持材であって、しかも年輪の間が狭いものであれば、集成柱以上に強度があることになる。節も柱の半分近くまで食い込んでいるものでなければ、強度的にはなんら問題とはならない。これからマイホームを建てようと考えている人は、このような芯持材がホームセンターなどにたくさん置かれるようになったので、確かめておくとよいだろう。ところで、不動産といえば、家 高く売る ←こちらのサイトがお勧めです。劣悪な住環境からの脱却を目指した昭和五一年の「ハウス五五計画」により、プレハブ住宅が誕生した。その大半は鉄骨系プレハブ住宅で、鉄骨の構造体に取り付け易い部材は、規格化され、工場で加工されたものが現場へ納入される必要があった。木造軸組工法のように、現場での加工作業がなくなり、組み立て取り付け作業が現場の主な工程となった。それに伴い、大工職人としての技術は必要なくなり、のみや鉋の使えない住宅職人の誕生につながった。まだ、この時点ではアルミサッシはなく、鉄製の柱に溶接されたスチールサッシが使われていた。農山村から工業地帯への人口の流出によって木材生産が落ち込むと価格が暴臘し始め、これに対抗するように輸入材が拡大し、また人工的に化学合成された建材が続々と生産され始めた。本来、木の文化を誇ってきた日本の住宅も工業化され、山は荒廃し災害を誘発する要因となった。改定された内容は、我々日本人の住宅に対する考え方の方向転換を迫るもので、強い関心を持つことが責務である。改定された基準は「次世代省エネルギー基準」と呼ばれ、直接的には省エネルギーに関することを中心とした内容になっているが、背景には、住宅における新たな価値の創造と、環境問題・高齢化社会問題解決のねらいがある。快適で、健康的に暮らせて、安全で長持ちする住宅を造り、更に消費するエネルギーを削減することのできる質の高い居住性を持たせることと、そのような住宅が価値の高いものとして認められるような社会づくりをも目的としている。資産価値が建物ではなく土地に認められる消費大国・日本の汚名は、返上しなければならない。

DW070_L

住宅職人

このことから、芯持材であって、しかも年輪の間が狭いものであれば、集成柱以上に強度があることになる。節も柱の半分近くまで食い込んでいるものでなければ、強度的にはなんら問題とはならない。これからマイホームを建てようと考えている人は、このような芯持材がホームセンターなどにたくさん置かれるようになったので、確かめておくとよいだろう。劣悪な住環境からの脱却を目指した昭和五一年の「ハウス五五計画」により、プレハブ住宅が誕生した。その大半は鉄骨系プレハブ住宅で、鉄骨の構造体に取り付け易い部材は、規格化され、工場で加工されたものが現場へ納入される必要があった。木造軸組工法のように、現場での加工作業がなくなり、組み立て取り付け作業が現場の主な工程となった。それに伴い、大工職人としての技術は必要なくなり、のみや鉋の使えない住宅職人の誕生につながった。ところで、不動産といえば、←こちらのサイトがお勧めです。まだ、この時点ではアルミサッシはなく、鉄製の柱に溶接されたスチールサッシが使われていた。農山村から工業地帯への人口の流出によって木材生産が落ち込むと価格が暴臘し始め、これに対抗するように輸入材が拡大し、また人工的に化学合成された建材が続々と生産され始めた。本来、木の文化を誇ってきた日本の住宅も工業化され、山は荒廃し災害を誘発する要因となった。人間は自然の摂理には勝てない。自然に逆らって生きることは、大きなつけを背負って生きることである。産業廃棄物、空気汚染を始めとする環境破壊は全て人工的に作られたものによって引き起こされている。対策のない住まい造りは、その時は安いものであっても、将来大きな負担となるものである。治療より予防に重きを置いた政策や考え方は、経済的にも負担が少なく、将来に夢を与えるものになるのではないだろうか。

DW081_L

天然無垢素材の家

天然無垢の無節の柱と、無垢の一等材の柱では六倍から一○倍ぐらいの差がある。業者が所有している資格よりも重要なのは実績でしょう。←こちらから業者選定への情報収集を始めましょう。植物は全て枝や葉があり、これがなかったらCO2(二酸化炭素)が蔓延し、酸素の供給にも大きな影響をおよぼす。木々の緑は心を和ませてくれるが、木に枝がなく緑も全くなかったら電柱が年々成長していくようなもので、異様な光景としか映らないだろう。しかし枝のところが節になるために、必要なところを残して早いうちに枝を切り落とすことによって、節の少ない柱を製板するということは現に行なわれている。東京の木場や材木屋さんの貯木場などで、直径六○センチ以上もある丸太を見たことがある人も多いのではないかと思う。これらは外国からの輸入材で、一本の丸太から数本の柱をとる。最近このような柱の強度が問題となり、三枚や五枚の厚板を張り合わせた集成柱の方が強度が強いと言われている。この考え方には疑問がある。丸太の中心を柱の中心になるように(しんじざい) 挽(ひ) いたのが芯持材であり、中心を外したものが芯去り材である。従ってどんなに太い丸太からも芯持材は一本しかとれない。更に木は、春から夏にかけて盛んに水を吸い上げ成長するが、秋には成長が停まり体力の維持に努める。この体力の維持をするときにできるのが年輪である。成長が早いと年輪と年輪の間が広くなり、成長が遅いと狭くなる。この年輪の間が広い柱は強度が弱く、狭いものは強い。

DW074_L

住宅には天然ものの素材

住宅の場合も同じことが言える。昭和三○年代の中頃までは、天然のもの以外の素材は住宅に使われていなかった。集成材などもなかったし、壁は土や漆喰(しっくい) などが中心で、予算がない場合には節のいっぱいある板が使われていた。屋根は戦後の軍需から民需への転換の中で、トタンが普及し瓦(かわら) の生産が激減した。「北側」と「水回り」は気を付けましょう。←参考にここのサイトからいろいろな間取りを見てみましょう。昭和三六年頃の建築費と現在の建築費を比較してみると、ともに大卒初任給の一○○倍ぐらいで大きな差はない。しかし人工的に作られたさまざまな建材によって、見た目には格段の差がある。従って、野菜が収種されても規格外のものは市場性がないとはねられるようになったのと同様に、節のあるものは敬遠されるようになった。市場に受けるためには、人工肥料と農薬づけが当たり前になり、価格が下がっても量産でカバーしてきた。住宅でも節のない柱を求める人が多くなり、手間暇のかかる木材生産に代わって、紙よりも薄くスライスされた鉋屑(くず) のようなものを柱の四面に張り合わせて無節の柱にする「張り合わせ」の技術が開発された。いずれの場合も、根本的には市場性を左右するユーザーの姿勢が生み出したものである。昔、農村で住宅を建てる場合には、自分の所有する山林から伐採された材料を使い、さまざまな木の特徴を活かして使っていた。勿論、職人の技も優れていたし、木を知る職人も多くいた。張り合わせの技術は進歩し、見た目には全くわからない。

DW100_L

宮大工職人

親も子も将来のために安定した収入を望み、安定した人生観の中からは社会のことは除外して、改革など望む人はいない。一回の手続きで済むものも、関係各課に同じ手続きをさせられることがあるが、民間では無駄な行為として改善がなされるようなことでも、彼らには無駄という感覚はないし、仮にあったとしても、それを表に出すことはタブーとされている。鵤工舎の代表である、宮大工の小川三夫(おがわぷつお) 氏は著書『不揃いの木を組む」(草思社)の中で寺社建設のため、集められた木々は一つとして同じものがない、不揃いの木を、それぞれの癖を活かして使っていくことが、浄財を寄進してくれた檀家の人達に報いる建物になる。どんなに優れた技を持った棟梁でも一人では建てられない。いろいろな癖を持った不揃いの職人技が必要だと述べておられる。更に割算や分数がわからなくても、のみを使う技術が誰にも負けないものを持っていれば、宮大工職人として貴重な存在だとも話しておられる。職人の世界における優しさは、過去に非行少年や暴走族であったとしても、学業成績が悪くても、高校中退者であっても、大卒者であっても精進努力すれば等しく報われるところにある。依頼者の心を読んで完成させるためには、職人の技がいかんなく発揮されるための環境を整えることである。間取りは非常に重要です。←こちらのサイトからいろいろな間取りを参考にできます。元請会社や現場監督の無理な押しつけなどによる利益優先を掲げる場合には、職人の技は寧ろ必要ではなく、忠実に仕事をこなす組立技術者が重用されることになる。環境問題から外れてしまったと誤解されるかもしれないが、社会を構成する不揃いの人間たちの心を理解しようとしない社会においては、「自然にやさしい」とか「環境共生」などという言葉を安易に使うべきではないと思う。なぜなら、そもそも他者への共感が欠けていては、環境問題を真剣に考えることなどできないからである。

DW085_L

マイホームを託す

そして、御夫婦の職業が中学校の教員であることを知ったとき、唖然として激しい怒りを覚え、話を続ける気にはなれなかった。この話を、作り話と疑う方もおられると思うが、悲しいかな事実の会話であり、こんなことだから、問題となっている学校の崩壊や、犯罪の低年齢化に歯止めがかからないのではないかと思う次第である。この御夫婦のような考えを持った教員は一部にすぎないとは思うが、自分の子供が学校の校舎という器の中で、差別されているとしたら、授業を妨害しようとしたり、いじめをしていたとしても、親としての対処の仕方がわからないのではないか。社会のルールが欠如しているとき、お前だけは、自分だけは、家族だけはという考えは通用しなくなる。このことは過去の戦争や各地で起こっている民族紛争などがよい例である。一クラス三○人の中で、最高が一○○点、最低が九○点であっても、現在のような五段階評価の中では割合に応じて五段階に分けられてしまう。国家は組織によってなり立っているもので、更にさまざまな組織の集合体により国家が構成されている。ところで、不動産に関するあらゆる情報は、←こちらから収集できます。先の御夫婦の価値感は、社会を否定するものであると同時に、自分の職業の価値さえも見失ってしまっているものと言える。地方公務員、特に市役所や町役場の職員に採用されるためには、三○○万円前後の金がかかるという話がある。現実に、息子を市役所に入れるために高額の金がかかったと公言している人さえいる。ユーザーとの競争の矢面に立たされるのは、これを使用した施工業者である。製造物責任がなくて、使用責任があるというのは、なんと不思議な業界なのか。こんな不思議な業界にマイホームを託さなければならない施主にとっては受難の時代だ。環境にやさしいとか、環境共生とかいう言葉は、使うことは簡単だが実現することは難しい。これは、日本古来の住文化を否定して、形だけの西洋化を模倣した結果である。形だけでなく本物の環境を西洋化の中で学び、過去の長い年月を経て築いてきた伝統と、その時代の生活の仕方に関心を持つことが、本物を見つける早道ではないだろうか。

DW087_L

住宅ローン

本音と建て前が環境をだめにするある新聞の対談形式の広告の中に無責任な発言があった。著名な食文化研究家が、「高い食材でなくても安くて新鮮な食材であれば美味しく料理できる。家という器も、数多く生産される建材の中から標準的なものを使えば、ローコストを実現し、生活にゆとりが出る。地震列島日本では建物を建てる時、必ず地震を見越した設計をする。各種不動産知識は、←こちらをご覧ください。このために標準化に力を入れた御社の業務に敬服する」などと誉めそやす内容である。これに対し、次のように申し上げたい。形が不揃(ぞろ) いでも安全で、しかも新鮮であれば、真心を込めて調理することで、食材の癖を活かした美味しい料理ができる。家という器も、見た目にこだわらないで、安全で環境に配慮した建材を、匠の技を活かせる職人に託すことによって、無駄のない、無理のない、心休まる憩の館での、ゆとりある生活が実現できるのである。何を使っても建築費の節約さえできれば、住宅ローンの軽減によって生活にゆとりが生まれるという考え方には大きな疑問が残る。家という器は、使い捨てであっては単なるゴミにすぎないのだ。人の体が、毎日の食事によって健康を維持するように、家という器は、家族がそこで生活することにより、身も心も健康であることを望んでいる。環境の悪化は、人間社会を崩壊に導き、人間の心を蝕んでいく。確かに工場で人工的に大量生産される物は安価である。電化製品を始めとする、消費者が直接使用するものには製造物責任や廃棄物処理責任が課せられているのに、建材製造メーカーにはなんの責任も課せられていない。

DW097_L

マイホームの建築

なぜなら、今マイホームを実現しようとしている人は、年齢が三○代中頃から四○代初めの人が最も多いからである。業者は上手に使い分けましょう。その他の不動産関連情報は←こちらからどうぞ。この年代は人工的に作られた建材に囲まれて育った人達で、木の美しさや、木特有のやさしさを知らない。三○代前半の御夫婦から、マイホームの建築を計画しているので相談に乗って欲しいとの電話をいただいたことがあった。宅地を予約したこと、建築条件付きではないが宅地を紹介してくれた建築業者にお願いする予定であること、建築費は坪五○万円ぐらいを予定していることなどを一方的に話した後で「自分達は注文住宅でお願いしているのだが、業者からは、いろいろなカタログの中からこのプランを薦められた。この業者で注文したような建物ができるか教えて欲しい」という相談であった。この御夫婦のような話は決して稀なことではない。注文住宅という意味も理解していない。子供さんが小さいので室内環境に配慮して、新建材の使用をできるだけ少なく、例えば木などの自然素材を考えてみたら、とアドバイス申し上げたが、御夫婦の反応に驚かされ「高校へ行けない人が職人になる時代だから、腕のよい大工がいない。ハウスメーヵーのような工場で作られた新建材などの方が安心できる。手入れも楽で、小さい建設会社はいつ潰れるかわからないので保証がない」この話を聞いて、この御夫婦は人間として欠陥があるのではと疑問を持った。

DW110_L

マイホームの夢

心の環境なくして自然環境は語れない環境という言葉が、日常生活の中でも頻繁に使われるようになった。高度成長期やバブル時代には見向きもされなかった言葉かもしれない。ヨーロッパでのNGO組織の提唱に端を発した環境問題が、国際的な論議の対象となって地球温暖化防止のための各国の数値目標を規定した京都議定書の批准問題が、我が国の国益を左右するまでに至っている。普段は遊び道具でも緊急時には非難用具になる設備もあると安心です。←こちらではさまざまな不動産を見られます。ここでは、政治的な面からの環境問題について触れるつもりは全くない。一人一人がゴミを出さない、捨てないという意識が大切で、道路の中央分離帯の植込みの中や、道路脇の草むらの中に空缶やペットボトルが捨てられているのを見ると、その意識の低さに驚くばかりである。昔から所帯を持って初めて一人前の大人になった証しだと言われてきたが、多くの住人が一人暮らしをしているワンルームマンションのゴミ置場に、燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミが収集指定日におかまいなく出ている現状を見たとき、この人達が結婚して、このルールさえ守れるだろうかと心配になる。一○年以上前からワンルームマンションの賃貸人(オーナー)をしていて、初めの頃に入居した人は既に四○歳近くになっているので、結婚もして、何人かの子供に恵まれ、マイホームの夢を持っている人達が、環境にやさしいとか環境共生住宅というキャッチコピーを見たとき、どんな反応を示すか興味がある。

DW103_L

メーカーハウス

このような話をすると、既にメーカーハウスに住んでおられる方にとって、願されたと思うかもしれないが、自分達はブランドをとったと思えば納得できるのではないか。今、デフレ現象が蔓延(まんえん) して、物が安く手に入るからと歓迎する人もいるだろうし、困った現象だと嘆いている人もいるだろう。業者が所有している資格よりも重要なのは実績でしょう。←こちらから業者選定への情報収集を始めましょう。正常な経済活動では、一方が満足し、一方が苦しむということはあってはならないことではないか。日本経済が自転車操業になっているようなものだ。売れないから価格を下げる。売れないで困っている業者の足元を見て、安く買いたたく。この結果、なんとか従業員の給料は確保できたが経費が出てこない。こんな例は建築業界にもたくさんある。契約時三分の一、中間金として三分の一、引き渡し時に残金を支払うやり方が一般的であるが、見積りを何社からもとって、一番安い業者と契約、着手金も支払った、しかし待てど暮らせど着工してくれない。業を煮やして行って見るともぬけの殻。こんな目に遭ったら、あなたはどうするだろうか。安いと思ったものが、結局高いものにつく。それどころか精神的な苦痛をも抱え込んで、家族同志の責任のなすりあいに発展する。デフレ現象だから安くできるとか、安くするのが当たり前だとかいう考え方は、作る人の立場を無視した自分勝手なもので、それによって被る被害は誰の責任でもない。いつの世でも悪人はなくならないものである。どんな厳しい法律を作っても、これを破る者はいる。弱されない方法は知識を持って相手の心を読むことである。知識がない場合には、自己過信をしないで専門機関に相談することである。

DW102_L

WordPress Themes